南愛媛医療アカデミー

サイト内検索

2017.12.14

作業療法について

image

「高校訪問や進路ガイダンスに参加をしてみると、作業療法士と理学療法士の違いがよく分からないという生徒さんが多いと感じます。今回はそんな生徒さんに、作業療法と理学療法の違いをお伝えしたいと思います。

実際に似ているところもありますが、違うところも多いんですよ!

 


 

ではまず、どのような方が対象になるかというと、

理学療法は「身体に障害のある方」に対して。

作業療法は「身体または精神に障害のある方」に対して。

対象が違いますね。作業療法は「からだ」と「こころ」に働きかけるということです。

 

また、何を回復させるかというと

理学療法は「基本的能力」

作業療法は「応用的動作能力・社会的動作能力」

すこし難しいですね。

理学療法は「立つ、座る、歩く」のような大きめの動きができるようにサポートしていきます。

作業療法は「料理をする、文字を書く、着替える」というような複雑な動きだったり、「(たとえば)ガイヤカーニバルに参加する、就職をして働く」など地域社会に参加したりできるようにサポートしていきます。

 

では、どのような方法で働きかけをするかというと

理学療法は「体操、電気刺激、マッサージ、温熱、その他物理的手段を加える」

作業療法は「手芸、工作、その他の作業を行わせる」

という違いがあります。

 


 

ここ、南愛媛医療アカデミーで学ぶことができるのは作業療法の勉強です。

助けを求めている人の「心を動かす」作業療法士になってみませんか?

実際の作業体験はオープンキャンパスでも行っております。

興味のある方は是非参加してみてください!

カレンダー
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031